【第18回】腹部大動脈瘤の話

大動脈瘤



今回は、冠動脈バイパス術手術と同時に、腹部大動脈瘤の手術を同時に行います。

動脈瘤とは、通常の1.5倍になった動脈のことで通常は約3cmのところ4cmを超えると観察が必要に。5cm超えで、手術が検討されます。私は今回は、6.4cmにまて大きくなっていました。
そこで、腹部大動脈人工血管置換術による手術が行われることとなった。
両側総腸骨動脈も約2cmになっている。
人工血管は、Y字グラフトを使用します。
合併症は多々ありますが、消化管合併症を防ぐため、手術4日前から絶食して腸の中を空っぽにします。

大動脈瘤

Posted by life@admin