【6日目のICU】何もない。退屈な一日。

2018年8月31日医療の話, ICU&HCU体験



今日のリハビリはICUの中を30m歩く事。
研修中の学生君と三人。ゆっくりと歩く。あんよが上手状態である。
それが終わると、後は何もない。
水が飲みたいと言えば水、お茶と言えばお茶。氷が欲しけりゃ氷が出て来る。至れり尽くせりの看護環境です。
実は、昨日の担当さんが退屈だろうからとテレビを持って来てくれた。テレビカードなどいらない見放題テレビです。
こういう時に限って面白い番組がなく。かねて見ている番組は消灯後の21時過ぎのため、いくら個室状態とは言え、郷に従わねばとテレビのスイッチは夜9時に切る。
ドクターカーに乗る際に、準備万端の急患は少ないと思われる。今回は、スマホの充電器がなく入院後すぐに電池が切れ、外部と音信不通になってしまったことで、大変困った。
なにしろ、スマホを確認しなければ連絡先が分からないのである。幸いにも倒れた際に老父がおりドクターカーに同乗してきたが、危うく、誰にも連絡される事なく息をひきとるとこだった。
わたしは、老父が緊急入院した時の為にタオルや着替え、歯磨きなど取り敢えず一週間分をまとめた入院セットを準備しているのだが、不覚にも自分の入院セットは準備していなかった。
明日は100m走ならぬ100m歩きがリハビリです。

2018年8月31日医療の話, ICU&HCU体験

Posted by life@admin